会社に行ったら

LinuxマシンのHDDが死んでたよ。忙しい時期に。いつの間にか/がro(read only)でマウントされていて書き込みとかできねーでなんかぁゃιぃ雰囲気に。/var/log/syslogも途中で止まってる(roのため書き込めない)から何が起きてるか不明だし。/homeは別パーティションで普通に読み書きできてるから大丈夫だなと思ってrebootしたのが不味かった。この時点でどっかにデータ待避しておけばよかった…。kernel panicで立ち上がらなくなって、マウントしてデータ取り出すかと思い、新HDDにdebian入れてる途中にマザーボードが認識しなくなった、、、。クリックのようなミニマルな音楽がどこぞやから流れていたんだが、ぶっ壊れたHDDからだったのね…。リズム良くてカッコイイ!!!(ぼうよみ)
あーあ、これで自分が使ってるHDDでぶっ壊れたのは三台目。壊れたのは307030→307030→IC35L040ってどれもIBMのヤバイと云われたHDDだ。もうIBM(HITACHI)製のHDDは買うこと無いだろう…。

広告を非表示にする